ミニ発表会&レクリエーション!チアダンス「candy pop」の1月。


キッズチアダンススクール「candy pop」 。毎回レッスンに使用している体育館でミニ発表会&レクリエーションを行いました。木曜日クラスには小さな助っ人たちが。金曜日クラスは少し大人なパーティーチューンをBGMに。
どちらもいつもと違う雰囲気の会を楽しみました。

今回も木曜クラスご担当のASAMI先生と、金曜クラスご担当のMOEKO先生より、 1月の振り返りとこれからのレッスンのポイントをコメントでいただいております。こちらも合わせてぜひご覧ください。

【木曜クラス】

【金曜クラス】

■リトルキッズクラスの皆さんへ
1月は振付の中に入っているテクニックを確認しましたね。
踊り込みも沢山おこないました。

チアリーダーは、応援する人です。
その為には、まず皆んなが元気一杯踊る事・元気一杯のお返事・あいさつをする事がとても大事です。

遠くまでエネルギーを飛ばせるように!
元気いっぱい踊れるようになったら、より力強くシャープに踊れるように、練習を頑張っていきましょう。

■キッズクラスの皆さんへ
1月は、リズムの切り替えを練習をしてきました。
足のリズムとアームのリズム。
エンドカウントの練習もしましたね。

上下違うリズムになった時、混乱しないよう考えながら動けるように練習して行きましょう。

新しいテクニックや難しいことにチャレンジしている時の皆んなはとても輝いています。どんなに間違えても失敗してもいいので、チャレンジし続ける事は辞めないように!

チャレンジし続けて余裕が出来た人は、その精度を上げて行きましょう。

出来て終わりにならないよう、粘り強く頑張りましょう。

●ジュニアキッズクラスの皆さんへ
昨年重点的に練習してきた力強いアームモーションを、ダンスの中でもやろうとする意識が伝わります。
フィストを強く握るともっと良くなります。
そしてもう一つ大事なことは、「その気持ちを持って続けること」です。

次回のイベントでは、チームのパフォーマンスもレイズユアグラスも力強くシャープに踊れるように、練習を頑張っていきましょう。

●ジュニアクラスの皆さんへ
「やりきる」ということを、練習や日々の生活から習慣づけていきましょう。

例えば、
・トレーニング:決められた回数を、最後まで丁寧にきっちりやる
・テクニック:ジャンプやターンなら着地まで、キックは足を下ろし気をつけに戻るまで をテクニックと捉え、表現しきる
・パフォーマンス:最後まで集中と気持ちを切らさずに踊りきる
といったことが挙げられます。

みんなが口にしていた理想のチーム像やパフォーマンスに近づくためにとても大切なことです。
メンバー同士で声を掛け合ったりしながら、全員で乗り越えて、この力を身に付けて欲しいと思います。
粘り強く頑張りましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

参加申し込み受付中
おすすめの記事
スポンサーリンク
スケジュール